プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

どーも 店長のりひとで~す!

お店を任されてから五年になります。



とうとう勝負の五年目!!



がんばりま~~~す!!!

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« また書いてみようと思います! | メイン | 革命!・・・・そして「新焼肉」へ(98) »

2010年4月 5日 (月)

革命!・・・・そして「新焼肉」へ(97)

   「夜忙しいんだったら・・・手伝ってもいいよ・・・」

   突然のその言葉に私は目を丸くしました。

   店の入り口に立ちつくし、引きつった笑顔で

   声をかけてきたのはランチタイムに手伝いに

   来てくれるアルバイトの花岡さんだったのです。

   花岡さんは兄の親友でバタバタするランチタイムに力を

   貸してくれていました。温和で朗らかな人柄と正確で

   几帳面な仕事ぶりには一目置くものがあり、一時は

   店長業を頼めないものかと思ったほどの人材でした。

   ただ彼にも様々に事情があり、それは叶わない事でもありました。

   そんなことで彼にはランチの時間帯だけと割り切って

   ホールの仕事を手伝ってもらっていました。

   そんな彼が夜営業も力を貸してくれるというのです。

   私は心からの感謝と苦しい時に差し伸べられる

   人の温かい情、また不思議な力を改めて感じたのでした。

   
   やっと洗い物も終わり夜営業を迎える準備ができました。

   異常なくらいにテンションを上げている調理場の二人と、

   私は買ってきた栄養ドリンクとビタミン剤を

   飲んで興奮気味に円陣を組んで向かい合いました。

   たった三人での円陣・・・・

   正確には三人では円陣になりません。

   でも私には高校時代に青春を費やした部活動の

   仲間たちとの友情、日本料理の世界で寝食を共にした

   たくさんの仲間たちと分かち合った色んな思い出が

   込み上げていました。

   (もう一人ぼっちじゃないぞ!)

   そんな想いが頭に浮かんだ時

   「ここまできて体育会系かよ!」

   私の胸の内を読んだように皮肉っぽく鼻で笑うトシと

   「今日の夜はいっそがしいですよ~~」

   やれやれといった表情の中里さんが私の顔を見つめていました。

   二人の顔には疲労感がにじみ出ていましたが

   ランランとした強い眼の輝きがありました。

   「よし!やるか!!」

   私の掛声とともに三人が

  
   「ヨッシャー!」
   

   大きな声が嵐の前の静かな店内に響きました。

ゑびす本廛 のサービス一覧

ゑびす本廛
  • TEL050-3466-7330